お役立ち情報

介護のお仕事とは

職種と資格

介護のお仕事といっても、仕事内容や必要な資格はさまざまです。
介護に関連したお仕事を一部ご紹介します。

ホームヘルパー(訪問介護員)・施設の介護職員

仕事内容 高齢者や障がい者の家庭を訪ね、ケアプランに沿った身体の介護を行うホームヘルパーや社会福祉施設において直接介護を行う仕事。
必要資格 介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー1級・2級)、介護福祉士など
※介護職員初任者研修は、介護サービスの入門的資格のようなもので介護職を始めるために取得する方が多い人気の資格です。

ケアマネジャー(介護支援専門員)・生活相談員

仕事内容 介護施設等で介護サービス計画(ケアプラン)を作成する介護支援専門員。利用者やご家族からの相談に乗り、利用者をサポートする仕事。
必要資格 介護支援専門員、社会福祉士、精神保健福祉士、社会福祉主事任用資格など

サービスの種類とお仕事内容

在宅系サービス

デイサービス、デイケア
デイサービスとは、在宅で暮らす要支援・要介護認定を受けた高齢者が、日帰りで通所介護計画に基づいてさまざまなサービスを受けることができます。
デイケアは、医療機関や介護老人保健施設などに併設しており、リハビリテーションなどを行っています。
デイサービス・デイケアを利用することで、多くの利用者との交流を深められることを楽しみにしている方は多く、レクリエーションなどを一緒に楽しみながら、あたたかな雰囲気の中で一日を楽しく過ごしていただけるよう援助していく場所です。

グループホーム
グループホームでは、認知症の方を対象とした高齢者が共同で生活をする場所です。
5~9人で1ユニットの共同生活住居で、食事や入浴などの生活支援や機能訓練などを行います。介護スタッフと入所者が一緒に生活をしていきますので、介護スタッフは日勤帯のほか夜間帯も勤務を行います。
家庭的な暮らしの中で「居場所」や「役割」を持ってもらうことで、認知症の進行の緩和につなげ、よりよい日常生活を支えていくお仕事です。

訪問介護
訪問介護は、ホームヘルパーが自宅を訪問し、生活援助や身体介護を行うサービスです。お一人暮らしの方や、日々介護をしているご家族の「外出したい」「一人では大変」などの声も多く、訪問介護サービスを利用することにより、ご家族の負担も軽減できます。
必要に応じ、ケアマネジャーや主治医などとも連携していきます。

訪問入浴
3~4名のチームで、車の運転や浴槽の運搬などを行うオペレーターが1名、入浴ヘルパーが1~2名、入浴前後に利用者の体調をチェックする看護師が1名という体制で、利用者のご自宅を1日5~7件程度、訪問入浴車でお伺いします。
入浴を楽しみにしている利用者も多く、ご家族とのコミュニケーションが多いのも訪問サービスの特徴です。

居住系サービス

特別養護老人ホーム
特別養護老人ホームは、在宅での生活が難しいと判断された要介護の方を対象としています。入居者の生活の場なので、お一人おひとりと向き合う時間が多く、お一人おひとりの人生に関わっていくことができます。
また、地域の方々との交流を深めるイベントが多く、介護だけではなく、イベントに関わることのできる機会もあります。

介護老人保健施設
介護老人保健施設は、病院で治療後に、ご自宅で生活できる状態に復帰することを目的とした施設です。病院と特別養護老人ホームの中間的な施設として位置づけられています。
医師・看護師・作業療法士・理学療法士・介護職などのさまざまな職種のスタッフが入所者の機能向上のために連携を必要とする場所でもあります。

介護付き有料老人ホーム
お一人おひとりの入居者の生活のリズムを尊重し、個人に合わせた介護サービスを提供していく場です。ご要望に対し、介護技術はもちろんのこと、おもてなしの心を持ち、接することが大切です。